贈る相手への気持ちが重要

花とギフト

一戸建て住宅の購入やマンション購入などを行った場合、新築祝いをもらうケースがある。このような新築祝いについては、贈り物やお祝い金を贈ってくれた人を後日、新築の家に招待しおもてなしをすることがある。しかし、遠方の人や日程が合わないなどによりお披露目会に出席できない人などもいる。このように、新築祝いを贈ってくれた人に対してお返しをすることが、新築内祝いであり、プレゼントなどを贈ることがマナーとなっている。新築内祝いでは、贈ってもらった額の半額程度を目安にお返しをすることが良いとされている。また、新築内祝いを贈る時期としては、新築住宅に入居後、落ち着いた段階でも良いとされている。お披露目会は、新築に引っ越し後、1ヶ月から2カ月程度の間を目安として行われることが多いため、新築内祝いについてもこれらの時期に贈ると良い。贈るものとしては、贈り物をくれた人の趣向に合わせて贈ることが良いとされている。迷う場合には、お菓子など食品を贈ることが無難となる。また、カタログギフトを贈り先方に選んでもらうということも方法の1つである。以前は、器やカップなど物を入れるという趣旨のものを贈ることが主流となっていた。お披露目会に来てくれた人へのお返しとしては、お菓子など簡単なもので良いとされている。いずれも場合にも気持ちが重要である為、お祝いをくれた人が欲しがりそうなものや、使ってもらえそうなものを選んで新築内祝いとして贈るとより良い。

家族

贈り物の選択

父の日のギフトでは、お酒や衣類などが人気がありますが、父親の好きなものや趣味に合わせたものを送ることが大切です。最近では、時計やタンブラーなどが大きな注目を浴びており、実用性の高いものが好まれる傾向があります。

ペン

昇進祝いや入社祝いに

社会人の多くが会議や打ち合わせ等で使用するボールペン。よく使うものでありながら、自分で買うという人はさほど多くないかもしれません。5,000円から名入れサービスを行っている店もあるので、昇進祝いや入社祝いで迷われたら、名入れボールペンを送ってみてはいいかがでしょうか。

家族

育ててくれた人達への思い

結婚式で夫婦を育ててくれた両親にプレゼントを贈る際は、鋏のような縁起の悪いものは避けます。親へのプレゼントは夫婦が手作りすることもできますので、じかに感謝の気持ちを添えた品を用意したい場合はアルバムを作りましょう。